任活で必要な葉酸

MENU

任活では葉酸が重要だと知って

妊娠をするためにはそれなりの準備が必要と知ってから、任活をするようになりました。

 

最初はただ適当に性行為をしていれば、妊娠をするものだと思っていたのですが妊娠に適した体を作る必要があったり、妊娠に適したタイミングで性行為をする必要があるなど覚えることが多くて大変でした。

 

それでも、元気な子供がほしいという思いで、少しずつ出来ることを出来るだけしていくことにしたのです。

 

妊娠をするためにはやはり健康第一ということで、普段の生活を見直しはじめたときに葉酸が特に重要な栄養素だということを知って葉酸を積極的にとることにしました。

 

しかし、葉酸を食事だけで摂取するというのは大変なものだったため、サプリをためしてみることにしたのです。サプリの安全性について心配がなかったわけではありませんが、そこはまだ妊娠する前の話ですから仮に悪影響があったとしてもそれほど悪いものではないだろうと考えていました。

 

それに名前を聞いたことがあるような有名な企業のものであれば、安心だろうと考えとりあえず飲み始めたのです。葉酸サプリの効果がどれだけあったのかはわかりませんが、飲み始めた次の月に妊娠をすることになり偶然かもしれませんが、効果があったのではないかと実感しています。

 

妊娠してからも葉酸というのは重要な意味があるということを産婦人科の先生から教えてもらうことができたので、その後も葉酸の摂取を続けていますがおかげさまで順調に成長しているようで今のところは一安心です。

任活に不可欠な葉酸

葉酸は、私たちの体の作っている細胞の中で、DNAやRNAなどを構成している核酸の合成に必要不可欠な栄養素です。

 

妊娠すると胎児の重要な器官の細胞が成長する妊娠12週までに十分摂取する必要がある栄養素です。

 

妊娠の初期に影響する栄養素ですが、妊娠が分かってから葉酸をとり入れても妊娠に至る環境づくりができてなかったら、妊娠しにくいことにも繋がります。特に赤ちゃんが欲しいと任活をしている方には、日頃から意識して取り入れてほしい栄養素です。

 

妊娠をすることは、精子と卵子が結合するだけではうまくいきません。子宮の壁に着床しなければなりません。

 

健康な細胞や血液をつくる葉酸は、子宮の内膜の血流や細胞を元気にし、受精した卵子が出産まできちんと育つための着床しやすい環境にしてくれます。

 

着床した後、卵子が胎児へと育っていく過程で、妊娠初期段階は神経など重要な器官が作られる時期です。胎児の先天性奇形は、葉酸を十分に摂ることでリスクが大幅に減らせることがわかっています。

 

胎児の中枢神経が大きく発達するのが7週までですので、生理が遅れているなと思っているとその時期は過ぎていることも考えられます。

 

さらに葉酸には赤血球を作りだす働きがありますので妊娠中の貧血を予防してくれます。任活中の方は、日頃からいつ妊娠してもいいように、万全な体を意識して葉酸を摂り入れましょう。肉類やホウレンソウに多く含まれる葉酸ですが、不足しがちな栄養素ですのでサプリメントを利用して任活しましょう。

更新履歴